FC2ブログ
日々思うところを書いていく、自己満足型日記。浅く広く遅々細々・・・☆
日常 | Twitter | 猫文 | 猫<ロン> | バイヤン | サカ | Sports | 東京遠征記 | 写真 | 映画 | Goods | 音楽 | Ω | XXXステッチetc | LotR | BOOK | 人形 | ゲーム | ビリing | 不思議系 | 勝手にバトン・100Q・TB | 2006WM | SOLZICK | 未分類 | 
プルダウンリスト
 全記事タイトルを表示
検索プラス
プロフィール

ぴぃ

  • Author:ぴぃ
  • 趣味は浅く広~く。
    ちまちま肩の凝るようなことが大好きな困った性分。
    どぞ、よろしく~

    <音楽>
    最近は音楽が中心な生活☆
    ゴスペルグループに所属して、
    イベントなどで歌ってます。
    アカペラグループ
     『SOLZICK』
    を追っかけてます。
    『The XAVYELLS』『宝船』
    『じゃ~んずΩ』など応援中☆
    アカペラ以外には
    『ダイナマイトしゃかりきサーカス』『SOONERS』
    『Coolly High Harmony』など
    絶賛応援中☆

    <猫好き>
    飼い猫は
    「おり」「ぽこ」「あんしゃん」
    家出猫は
    「ぴぃ」「しぃちゃん」
    「ぺぇ」「ぺこ」
    ☆猫は「ロン」

    <サッカー>
    ドイツサッカー、
    FCバイエルン・ミュンヘンを
    緩~く応援中

    <人形>
    シドニーを中心にタイラーシリーズを集めています。

    <カメラ>
    写真好き、携帯とデジカメでなんとか頑張っています。一眼レフが欲しい今日この頃。

kitaca
お友達
猫のプロフィール

 ▼おり ♂
おり
2002年春生まれ
ぴぃとしぃちゃんの子
顎骨折を機に室内飼いに。
噛み合わせ合ってません。
超ビビリ

 ▼ぽこ ♀
ぽこ
2005年7月8日生
ぺこの子
今までいた猫の中で唯一
父と叔父に懐いている子
好奇心旺盛 人見知りなし

 ▼ロン ♂
ロンのひなたぼっこ
2005年7月8日生
ぺこの子
てんかんの持病あり
2006年12月21日23時15分
元気になるために旅立ちました
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆



家出猫のプロフィール

 ▼ぴぃ ♂
ぴぃ
 2000年春生まれ
 国道の真ん中で拾った猫
 一番男前。
 2002年5月家出


 ▼しぃちゃん ♀
しぃちゃん
 生年不明
 我が家に来たとき既に7~8歳
 とても愛情深い猫
 おりとぺぇの親
 2005年6月家出


 ▼ぺぇ ♂
ぺぇ
 2002年春生
 ぴぃとしぃちゃんの子
 おりの兄弟
 甘え上手 親父顔 頬袋あり 超超ビビリ
 2005年9月家出


 ▼ちゃめ ♀
ちゃめ
 2003年春生
 どこからともなくふらっと現れた。
 最強猫
 ぺこの親
 2005年10月家出


 ▼ぺこ ♀
ペコ
2004年7月8日生
ちゃめの子
狭いところが好き 大人しい
姉妹にぱこ(♀家出)がいる。
2006年1月末家出


未だに戻りを待っています。
みんな元気かな!?

最近のトラックバック
ぴぃ’s どんぶり
≪2020.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2020.07≫
カレンダー

<05 | 2020/06 | 07>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク集
リアルタイム情報
  ■ドイツ時間
   ドイツのサマータイムは
   3月最後の日曜日から
   10月最後の日曜日まで
世界時計  
 ■ミュンヘンのお天気

 ■札幌のお天気

 ■徳島のお天気
占い

2005.10.28 Fri
美猫
昨日の仕事の帰り道、家の近く、ホンの100メートルほど北の県道を通りかかった。
何かが道に落ちてる。
はねられた猫だった。
思わず後ろを確認してハザードをつけた。
あまりにも綺麗なキジトラで、停まらずにはいられなかった。
今まで車にはねられて死んだ動物に触れたことがなくて、
ビクビクだったけれど
あまりに綺麗なキジトラはぴぃ(家出猫)を思い出させた。
つぶれてなかったせいか、躊躇いなく手が出てしまった。
首と腰のところに手を差し込んで、抱き上げてライトの方へ顔を向けた。
すごく面影があるけれど、ぴぃよりずっと子供だった。
倒れた後ろ姿を見た時から子猫だからぴぃじゃないって分かっていたけれど
明らかに血筋の猫だとわかるくらい似てた。
尻尾も先までまっすぐで、もしかしたらおりの子供かもしれない。
まだはねられたばかりのようで、まったく硬直しておらず、
柔らかい、猫特有の柔らかさのままだった。
これ以上はねられないように道の端、塀際の土の上に移動させ、
いつものくせで丸く寝ているように置いて、
思わず首元から肩にかけて撫でてしまった。
こういうことはイケナイとわかっていたけれど
してしまったからには仕方ない。
咄嗟に「ちゃんと死ぬんだよ」とワケの分からないことを言って離れた。
・・・言葉を間違えてしまったけれど、
また生まれておいでって思いが伝わっていればいいな。
スポンサーサイト



No77 | 12:59 | 猫文    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://piy.blog20.fc2.com/tb.php/77-0f1c6035

Top↑