FC2ブログ
日々思うところを書いていく、自己満足型日記。浅く広く遅々細々・・・☆
日常 | Twitter | 猫文 | 猫<ロン> | バイヤン | サカ | Sports | 東京遠征記 | 写真 | 映画 | Goods | 音楽 | Ω | XXXステッチetc | LotR | BOOK | 人形 | ゲーム | ビリing | 不思議系 | 勝手にバトン・100Q・TB | 2006WM | SOLZICK | 未分類 | 
プルダウンリスト
 全記事タイトルを表示
検索プラス
プロフィール

ぴぃ

  • Author:ぴぃ
  • 趣味は浅く広~く。
    ちまちま肩の凝るようなことが大好きな困った性分。
    どぞ、よろしく~

    <音楽>
    最近は音楽が中心な生活☆
    ゴスペルグループに所属して、
    イベントなどで歌ってます。
    アカペラグループ
     『SOLZICK』
    を追っかけてます。
    『The XAVYELLS』『宝船』
    『じゃ~んずΩ』など応援中☆
    アカペラ以外には
    『ダイナマイトしゃかりきサーカス』『SOONERS』
    『Coolly High Harmony』など
    絶賛応援中☆

    <猫好き>
    飼い猫は
    「おり」「ぽこ」「あんしゃん」
    家出猫は
    「ぴぃ」「しぃちゃん」
    「ぺぇ」「ぺこ」
    ☆猫は「ロン」

    <サッカー>
    ドイツサッカー、
    FCバイエルン・ミュンヘンを
    緩~く応援中

    <人形>
    シドニーを中心にタイラーシリーズを集めています。

    <カメラ>
    写真好き、携帯とデジカメでなんとか頑張っています。一眼レフが欲しい今日この頃。

kitaca
お友達
猫のプロフィール

 ▼おり ♂
おり
2002年春生まれ
ぴぃとしぃちゃんの子
顎骨折を機に室内飼いに。
噛み合わせ合ってません。
超ビビリ

 ▼ぽこ ♀
ぽこ
2005年7月8日生
ぺこの子
今までいた猫の中で唯一
父と叔父に懐いている子
好奇心旺盛 人見知りなし

 ▼ロン ♂
ロンのひなたぼっこ
2005年7月8日生
ぺこの子
てんかんの持病あり
2006年12月21日23時15分
元気になるために旅立ちました
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆



家出猫のプロフィール

 ▼ぴぃ ♂
ぴぃ
 2000年春生まれ
 国道の真ん中で拾った猫
 一番男前。
 2002年5月家出


 ▼しぃちゃん ♀
しぃちゃん
 生年不明
 我が家に来たとき既に7~8歳
 とても愛情深い猫
 おりとぺぇの親
 2005年6月家出


 ▼ぺぇ ♂
ぺぇ
 2002年春生
 ぴぃとしぃちゃんの子
 おりの兄弟
 甘え上手 親父顔 頬袋あり 超超ビビリ
 2005年9月家出


 ▼ちゃめ ♀
ちゃめ
 2003年春生
 どこからともなくふらっと現れた。
 最強猫
 ぺこの親
 2005年10月家出


 ▼ぺこ ♀
ペコ
2004年7月8日生
ちゃめの子
狭いところが好き 大人しい
姉妹にぱこ(♀家出)がいる。
2006年1月末家出


未だに戻りを待っています。
みんな元気かな!?

最近のトラックバック
ぴぃ’s どんぶり
≪2020.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2020.08≫
カレンダー

<06 | 2020/07 | 08>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク集
リアルタイム情報
  ■ドイツ時間
   ドイツのサマータイムは
   3月最後の日曜日から
   10月最後の日曜日まで
世界時計  
 ■ミュンヘンのお天気

 ■札幌のお天気

 ■徳島のお天気
占い

2006.09.26 Tue
おり、自己主張か!?
おりは6月の顎骨折からずっと部屋に軟禁状態。
外を恋い焦がれていたのは2週間ほどで、
最近ではぽこが外に出掛けていっても諦めてくれている。
相変わらずリードでケージと繋いでいるので
諦めざるを得ないんだけど
たまに遊びに夢中で動き回っている時は
動きを制限されるのは可哀想かなと
首輪にリードは付けたままだけどケージからは外してあげているのに
リードが外れていることには気づかずにリードで動ける範囲内にいたりする。
運動不足で少し太ってきたけど、ストレスもないようだし、
案外室内猫でも大丈夫なんじゃないの?なんて思う。

9月の始め、そろそろ先生が手術の際に説明してくれた
ピンを抜く時期がやってきたなと思って、
ロンの薬を貰いに行ったついでにいつ頃おりを連れて来ようかと聞いてみた。
すると、診察室に招かれて先生から説明があった。
おりは何回か化膿したので、
もしかしたらまだきちんと骨がくっついてない可能性がある。
おりは知らない人のところだとジッとしていてくれないので
レントゲンを撮るのには麻酔が必要で、
もし骨がくっついてなくて何度もレントゲンを撮ることになると
猫にかなりの負担がかかるし、
猫の顎は細くて薄いのできちんと骨がくっついてないと
ピンを抜く時にパキンッとまた折れたり割れたりしてしまうことがあるので
可能であればもう少しピンを入れたままにしていた方がいいだろう
ということだった。
ピンを抜く時にパキンッ・・・・ひ~~マジで鳥肌がたった。
まぁ、一生入れて置いても大丈夫ですから、なんて先生は言ったけど
それは勘弁してほしい。
とりあえず、正月明けに一度レントゲンを撮ることにした。
はぁ・・・半年か。
部屋が片づかん(泣)
(おりのケージを置くのに退けたチェストを
 とっても邪魔なところに置かざるを得なくて・・・)

それから10日ほどした夜、
なにか困った様な顔をしているおりがいた。
顎から突き出ているピンに何かを引っかけて引っ張ったらしく
いつもは口元近くにあるピンの先が2㌢ほど前に突き出ていた。
顎にあるピンの差し込み口には少し血が・・・
ひゃ~~~~どうすればいいんだ!?
あまりにも危険で、
先端は切ってしまった方がいいのか?
なんとか曲げた方がいいのか?
おりをひっつかんでペンチでピンを挟んだものの
切るにも振動が顎に伝わるし、曲げるにも起点は顎、危なすぎる。
この前に先生が猫の顎の骨はとても細くて薄いので
パキンッと折れるかもと言っていたのが頭を何度も過ぎった。
曲げたらまた折れるかもしれん・・・
それだけは、それだけはイヤ~~~
というわけで明日の朝は仕事をさぼって休んで病院に行かなくちゃ!
と意気込んでいるとおりが悲しそうな顔で「にゃう~ん」と鳴いた。
ふと見ると、しばらく前にお腹がすいたと鳴くので
ちょこっとお皿に入れてあげたおやつ代わりのカリカリがそのまま残っている。
あぁ、ピンが出てしまったから
お皿に少ししか入ってないカリカリが食べられないんだ!
気の毒に・・・
そうだ、お皿にたくさんカリカリを入れてあげれば、
ピンがお皿に着く前に口元にカリカリが届くんじゃないか?
急いでお皿にたくさんカリカリを入れてあげると
喜んでおりが食べ始めた。
コツンコツンとピンがお皿に当たるたびに顔をしかめながらも
ガツガツ食べて・・・ん?
なんかピンが短くなってきたような・・・
うそ~ん、当たる度に引っ込んでってるよ。
食べ終わる頃にはすっかりピンは元の位置。
思いがけずたくさんのおやつにありつけたおりは満足げ(苦笑)
でも、いいんかい、出たり入ったりしても・・・
ま、急いで病院に行かなくても大丈夫そうだから
翌日は仕事から帰宅後病院に行くことにした。

夕方、ピンはもう引っ込んでしまったし、
もしかしておりを連れて行かなくても大丈夫かも?(そうすれば仕事帰りに寄れるし)
と思って電話で問い合わせてみたらやっぱり連れて行った方がいいみたい。
一旦帰宅しておりを連れてから病院に行った。
先生がおりのピンの状態と顎の状態を触診。
もしかしたら奥に組織が出来てきて押し出されているかもしれないので
ピンが抜けてしまったら、抜けてしまったで構わないとのことだった。
ただ、今回、当分は抗生剤を飲ませてくださいとのことだった。
前に傷口が化膿した時、
お薬(錠剤)を飲んでくれないので何日も注射に通ってたんだけど、
たまたま餌の話になって、
カリカリに缶詰(ウェットフード)も混ぜてあげていると話すと
じゃあ、歯槽膿漏用の抗生剤を試してみようということになった。
その薬はカプセルで、ウェットフードにカプセルを開けて中の薬だけ
餌に混ぜてやるんだけど
以前、おりは薬(錠剤)をウェットに混ぜると
食べてくれなくて困ってたのに、コレは食べてくれるんだよ~。
おり、唯一の食べれる薬(^^;
これをまた処方してもらった。
ついでに気になったので質問したら
ピンが出たら、痛がらなければつっこんで構わないとのことだった。
よし、安心してつっこめるな。
と思ったその夜もピンが2㌢くらい飛び出てて、恐る恐るつっこんだ。
ピンが動く時に少し嫌がるけど、その後は何ともないようだ。
その後も毎晩のように飛び出すピンを
気づいたら突っ込むようにしていたんだけど、
だんだんおりも少し嫌がってるみたいだし面倒くさくなってきて
餌を食べる時に邪魔になるのでその前にだけ突っ込むようにしていたら
なんか、ちょっと前より奥に入らなくなってきたような・・・?

24日の朝、自分の咳で目が覚めた。
どうも風邪気味だったのが本格的になってきてしまったみたい。
急いで咳止めの薬を飲みに階下に降り、餌の準備をして部屋に帰ってきて
おりの顔を見ると、妙にすっきりしてるような・・・!
ピンがない!
ど、どこに落としたんだ!?
あちこち見て、いつもおりが寝てる私のベッドの脇
(セミダブルのベッドにシングルの布団を敷いてるので少し余ってる部分)
をよく、よ~く見てみると・・・あった。
キレイに抜けてるよ。・・・はぁ(ため息)
なんてこった、こんなに早く抜けるとは・・・
診察時間になってから電話をすると、
「抜けてしまったのならそれでいいので、
餌を食べない等の症状がなければ来院も特に必要ありません。
しばらくはお薬を飲ませて下さい」とのことだった。
おりの場合、顎が折れてずれてても餌は食べてたから、
餌を食べるか食べないかは判断基準にならない気もするんだけど(苦笑)
ま、でも、薬は飲ませてるし、まだ4日分くらいはある。
それに無事に抜けて良かったじゃない?
抜く手術したら麻酔とかして1万円くらいかかるって言ってたし
タダでできたじゃん、ね~♪


でも、後はどうするよ?
特に顎に問題はなさそうだけど、くっつきが甘かったらお外はヤバイよね?
だって、もう何ヶ月もお外の世界ではおりは行方不明で
勢力図も変わってきてるし、
たぶん外に出たらまた勢力図が崩れてケンカしそうだし・・・。
う~ん、やっぱしばらく我慢してもらう?
あぁ、でも、
今朝も外恋しそうにお外に向かって「お~ん、おん」鳴いてた。
おり、当てつけか?
心配なんだよ、もうちょっと我慢してくれない?
可哀想だし、10月になったら外に出してあげたいような気がするし
あとせめて一ヶ月くらい我慢してくれたら安心な気もするし・・・。
さぁ、どうする!?
スポンサーサイト



No311 | 08:16 | 猫文    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://piy.blog20.fc2.com/tb.php/311-0550a029

Top↑