日々思うところを書いていく、自己満足型日記。浅く広く遅々細々・・・☆
日常 | Twitter | 猫文 | 猫<ロン> | バイヤン | サカ | Sports | 東京遠征記 | 写真 | 映画 | Goods | 音楽 | Ω | XXXステッチetc | LotR | BOOK | 人形 | ゲーム | ビリing | 不思議系 | 勝手にバトン・100Q・TB | 2006WM | SOLZICK | 未分類 | 
プルダウンリスト
 全記事タイトルを表示
検索プラス
プロフィール

ぴぃ

  • Author:ぴぃ
  • 趣味は浅く広~く。
    ちまちま肩の凝るようなことが大好きな困った性分。
    どぞ、よろしく~

    <音楽>
    最近は音楽が中心な生活☆
    ゴスペルグループに所属して、
    イベントなどで歌ってます。
    アカペラグループ
     『SOLZICK』
    を追っかけてます。
    『The XAVYELLS』『宝船』
    『じゃ~んずΩ』など応援中☆
    アカペラ以外には
    『ダイナマイトしゃかりきサーカス』『SOONERS』
    『Coolly High Harmony』など
    絶賛応援中☆

    <猫好き>
    飼い猫は
    「おり」「ぽこ」「あんしゃん」
    家出猫は
    「ぴぃ」「しぃちゃん」
    「ぺぇ」「ぺこ」
    ☆猫は「ロン」

    <サッカー>
    ドイツサッカー、
    FCバイエルン・ミュンヘンを
    緩~く応援中

    <人形>
    シドニーを中心にタイラーシリーズを集めています。

    <カメラ>
    写真好き、携帯とデジカメでなんとか頑張っています。一眼レフが欲しい今日この頃。

kitaca
お友達
猫のプロフィール

 ▼おり ♂
おり
2002年春生まれ
ぴぃとしぃちゃんの子
顎骨折を機に室内飼いに。
噛み合わせ合ってません。
超ビビリ

 ▼ぽこ ♀
ぽこ
2005年7月8日生
ぺこの子
今までいた猫の中で唯一
父と叔父に懐いている子
好奇心旺盛 人見知りなし

 ▼ロン ♂
ロンのひなたぼっこ
2005年7月8日生
ぺこの子
てんかんの持病あり
2006年12月21日23時15分
元気になるために旅立ちました
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆



家出猫のプロフィール

 ▼ぴぃ ♂
ぴぃ
 2000年春生まれ
 国道の真ん中で拾った猫
 一番男前。
 2002年5月家出


 ▼しぃちゃん ♀
しぃちゃん
 生年不明
 我が家に来たとき既に7~8歳
 とても愛情深い猫
 おりとぺぇの親
 2005年6月家出


 ▼ぺぇ ♂
ぺぇ
 2002年春生
 ぴぃとしぃちゃんの子
 おりの兄弟
 甘え上手 親父顔 頬袋あり 超超ビビリ
 2005年9月家出


 ▼ちゃめ ♀
ちゃめ
 2003年春生
 どこからともなくふらっと現れた。
 最強猫
 ぺこの親
 2005年10月家出


 ▼ぺこ ♀
ペコ
2004年7月8日生
ちゃめの子
狭いところが好き 大人しい
姉妹にぱこ(♀家出)がいる。
2006年1月末家出


未だに戻りを待っています。
みんな元気かな!?

最近のトラックバック
ぴぃ’s どんぶり
≪2017.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.06≫
カレンダー

<04 | 2017/05 | 06>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク集
リアルタイム情報
  ■ドイツ時間
   ドイツのサマータイムは
   3月最後の日曜日から
   10月最後の日曜日まで
世界時計  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 ■ミュンヘンのお天気

 ■札幌のお天気

 ■徳島のお天気
占い

「猫<ロン> 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No | --:-- | スポンサー広告    Top↑

2007.05.21 Mon
5ヶ月
ロンが旅立ってちょうど5ヶ月が経ちました。
正直言うと、思ったほど経ってなかったことにびっくり。
おりやぽこに毎日振り回されて・・・と思っていたけど
かなり慰められていた模様(^^;

金茶(後のロン)2005.9.10
この頃まだ名前なくて金茶(きんちゃ)と呼んでた。耳おばけだ(笑)


先日、携帯のメールを整理していたら
たくさんのお嫁ちゃんとのメールの内、ロンについてのものが多いことに気づいた。
一番最初のメールは初めての発作のものだ。

抜粋

2005.9.16 11:46

お疲れ様子猫の茶が体調悪いみたい
変な鳴き方をして鼻水は水が流れる流れてるし ・・・(中略)・・・心配だよ~

仕事中に入ってきたメールだ。
あぁ、そうか、仕事中に電話がかかってきたと思っていたけど、
第一報はメールだったっけ。
それで、私が電話をかけたんだった。
あの時、嫁ちゃんの声の後ろから聞こえたロンの叫ぶような鳴き声、
怖かった。
何か、警鐘のような、危険な叫び声。
気持ちがザワザワする、手先がそわそわするような鳴き声だったなぁ。

ロン2005.9.29
この頃、強度の便秘で腸が伸びてしまって生存率は50%以下と言われた

次々メールを見ていくと、
私の部屋に上がる10月末まで、随分お嫁ちゃんに世話をかけたなぁと思う。
だんだん体調が落ち着いてきたとか、発作が連続して起きて
お嫁ちゃんの膝にしがみついたまましばらく寝たとか・・・
2006年のバレンタインから素晴らしく体調が良くなってメールもぐっと減った。
そうだ、その後、すぐお嫁ちゃんは妊娠がわかって
猫のお世話禁止令がでたんだったなぁ。
ロンは発作が起きると噛んだり引っ掻いたりして怪我することが多かったからね。

→続きを読む
スポンサーサイト

No348 | 12:42 | 猫<ロン>    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2007.01.15 Mon
3匹
ロンが旅立って3週間以上過ぎた。
もうすぐ1か月がくるんだなぁ・・・。
年末にロンのケージを外に出して少し模様替えし、
年明け、おりのケージも外に出したので
部屋がとっても広くなって、なんだかとっても見通しが良い。
新しい生活が始まったみたいな変に新鮮な気分だ。

ロンの渾身の一撃による人差し指の先っちょの怪我は
つい2~3日前まで痺れてて、物を人差し指と親指でつまむのが
取り落としそうな、ちゃんと持ててないような感じで不安だった。
ロンにそこの感覚をあげたと思えば小さいことだし
感覚が戻らないなら戻らないでまぁいいかなとも思っていたんだが、
昨日痺れたところがえらく小さくなってきていることに気づいて
今日はすっかり痺れた部分がなくなった。
なんだか、だんだん癒えていく・・・
手の甲と胸の咬み傷はすっかり治ったものの、傷痕として残ってしまった。

紅白を見なかったので知らなかったんだけど
「千の風になって」という歌がYahooニュースなんかにも取り上げられていて
Amazonで見てみたら、視聴できるようになってたので聴いてみた。
ロンのことで思っていたことをそのままロンが言っているような歌詞で
泣いてしまいそうになった。
ロン、自由ですか?

千の風になって 千の風になって
秋川雅史 (2006/05/24)
テイチクエンタテインメント
この商品の詳細を見る


<タイトルについて追記> 2007.2.1
→続きを読む

No324 | 12:58 | 猫<ロン>    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.12.22 Fri
灰色の銀の帳が巻き上がり
ピピン    「これで終わりなんて・・」
ガンダルフ 「終わり?」
ガンダルフ 「旅は終わらん。」
ガンダルフ 「死は誰もがいつか通らねばならぬ道なのだ。」
ガンダルフ 「灰色の銀の帳が巻き上がり
        全てが銀色のガラスに変わる。
        そして見るだろう。」
ピピン    「何をです?ガンダルフ」
ピピン    「何を?」
ガンダルフ 「真っ白な岸をー」
ガンダルフ 「その先を。はるかな緑の地に
        暁の太陽が昇っていく。」
ピピン    「それは悪くない世界ですね。」
ガンダルフ 「そう。」
ガンダルフ 「悪くない世界だ。」

  ロード・オブ・ザ・リング王の帰還より
   ペレンノール野の合戦でミナス・ティリスの城門が破られようとしているとき、
   城門の内側でガンダルフとピピンが交わした会話
     参考場面(撮影風景の写真しか見つからなかった^^;)


ロンは昨夜、23時15分旅立ちました。
今度は元気な身体で生まれて来られます様に
そしてまた私のところに戻っておいでね 
と送りだしました。

ロンにはお星様になるより、より良い次の生を目指して欲しい。
少し休んだらまた来てね。

→続きを読む

No321 | 12:58 | 猫<ロン>    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

2006.12.21 Thu
ロン
単刀直入に言うと、もうロンは年越しが難しい状況にある。
目は随分前からよく見えてなかったし、
6月以降足腰が弱くなり、肉球部分で立つことができなくなっていた。
人間で言うと膝(踵か?)で歩いているような状態だったので
膝にあたる部分の毛がすっかり抜けて皮膚が硬くなってしまった。
11月に入った頃からはその膝ですら姿勢が保てなくなって
それでも足を動かすものだから太ももの外側の真ん中(一番盛り上がっている部分)
が禿げてここも皮膚が硬くなってしまった。

つい先日までは餌もちゃんと食べてた。
残す時があっても、次の餌の時間までには食べてたし、
高栄養の流動食もあげてた。
けれど、どんどん痩せて、一時は5キロを超えてた体重が
先日計ると3.3キロ・・・。
もう背骨がゴツゴツ手に当たるほどに痩せてしまっている。
下半身の姿勢を保てなくなってから後ろ足の体温がかなり低くなって、
心配していたんだけど、今ではもう全身、頭もお腹も冷たい。

なんとか針のない注射器とスポイトで
高栄養の流動食と薬のシロップはあげられてはいるけれど、
それすらロンにはかなりの負担になっているようで私も心苦しい。
少しずつしか食べられないので時間も掛かる。
朝は仕事があるのであまり時間がかけられないけど、
1時間はかけてゆっくりあげている。
その分夜はゆっくり何度にもわけてあげるので、
2時間~2時間半ほどもかかる。
バスタオルで簀巻き状態で流動食や水、薬もあげていたんだけど
身体に触れると半狂乱になって暴れ出すようになってしまったので
もう抱くことは難しくなった。

一昨日頃からは暴れるのに加えて噛みまくり状態になった。
その噛み方も、一昨日はこれまでと同じ、ガブッと噛んでもすぐ離すので
例え噛まれても確かに痛くて穴も開くけどそれほど酷いことにはならなかったが、
昨夜は憎々しげに鼻に皺を寄せ噛みしめるようになっていた。
もうすでに右手の甲と親指と胸を噛まれているので恐ろしくて、
でも流動食はあげないと死んでしまう。
細心の注意と勇気で何とか噛まれずに食餌はやり終えられた。
夜中、私が寝始めた頃にうなり始め、
買ったばかりの猫ベッドの縁を噛み締めていて、
そのままだと口が乾いてしまうので、無理矢理引っぺがした。
でも、その後すぐバスタオルを噛みしめている。
もうそのまま寝てしまおうかと思ったんだけど、
あまりにもベッドの中がぐちゃぐちゃ(バスタオルやシート、座布団など)なので、
それを整えようとケージからベッドを出して、台の上に置いて
ふと噛みついてるタオルに触った途端ガブゥ~~~っと渾身の一撃を見舞われた。
いやホント、会心の一撃だった。
思わず振り解いて殴ったくらい・・・
血ダラダラ出たけどティッシュで押さえつつ、
なんとかその後ベッドを整えて、傷を消毒した。
だけど、もう一生懸命お世話してるのに虚しいやら情けないやら泣けちゃったよ。
あんな憎々しげに噛むんだもん(T_T)フゥー
脳に障害があるから仕方ないことだし、
ロンもそんなつもりはないと思いたいんだけど
もうかなり体力の限界がきつつある中で精神的ダメージが大きくて・・・(泣)


でも頑張る・・・
だって、私しかいないんだもん
→続きを読む

No320 | 12:52 | 猫<ロン>    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.06.16 Fri
その頃ロンは
ロンの食欲は戻って来つつある。
火曜日の夜に注射して、流動食(高栄養のミルクみたいなもの)を飲ませ、
水曜の朝はまだ食べる気がしないみたいで流動食のみだったんだけど
その夜、久しぶりの餌をスプーン2杯分ぺろりと食べた(喜)
流動食も少し飲ませたものの、
急にたくさん食べちゃったらお腹がびっくりするんじゃないの?
と思っていたら
昨日の朝は食べず、流動食のみ☆
でも、夜にはまたカリカリをスプーン2杯分ぺろりと食べ、流動食も少し飲んだ。
薬を飲まなくなってちょうど2日。
そろそろやばくない?と思っていたら
今朝、発作が起きた・・・(^◇^;)やっぱりー?
悩んだ末、結局カリカリをスプーン2杯と流動食を飲ませた後、
抗生物質である白い液体の薬のみ飲ませた。
やっぱり発作は怖い

出掛け際に、おりが遠くから聞こえたライバル(たぶんケンカ相手)の声に
反応してオゥオゥうるさく鳴いている横で
ロンが可愛い声で「ニャウニャウ」と私に訴えるように鳴いた。
ロンも無口でほとんど鳴かないので、すごく嬉しかった
もしかしたらおりが毎日隣で鳴いてるのを聞いてて、
鳴き方(訴え方)を覚えたかな?
おりがいて良かったことの1つになって欲しいなぁ(笑)

No252 | 08:24 | 猫<ロン>    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.06.14 Wed
そしてロンも・・・
その後ロンは已然として餌をほとんど食べてない。
おりが部屋にいるようになってからは特に・・・
もしかして何でもないような顔をして実はストレス?
いや、でも、その前からじゃん。

うん●は1日おきに固いのをなさっている。
月曜の朝はとうとう吐いていた。
茶色い液体だったので、少し食べて消化はされたけど吐いちゃったみたい。
やっぱりおりのせい?
~~う~ん?
昨日の朝は何も食べてないのに吐いちゃったみたいで
胃液ばかりだった。
急いで病院に電話したら・・・


・・・薬のせいだった。
胃炎を起こしているらしい。
もうずっと飲んでるからなぁ
食欲がなくなる直前まで発作が起こってたから
発作が怖くて飲ませてたけど、まずかったみたいごめんよー

それで、昨日、ロンも病院に連れて行くことにした。
何日もほとんど食べてないので点滴をするのと
胃炎のお薬を注射して貰うのと、流動食を貰うために。
でも、おりも病院に行かなくちゃならない。
カゴは1つしかない。
仕事が終わってからおりとロンの治療に往復したのでは診察時間が終わっちゃうので
新しくカゴを買うことにした。 あぁ、またイタイ出費だ。
同じタイプのものが欲しかったんだけどなくて、
(置き場所に困るのでなくてよかったんだけど)
もう時間がなかったので他の店を見に行くこともできず、
でも、上から出入りできるものが欲しくて結局一番丈夫そうだった
ペットボイジャーWD というのにした。
上下外してコンパクトにも出来るし、飛行機にも乗れちゃうらしい(笑)

おニューのカゴにロンを入れ、
助っ人に母を連れて病院へGO!
→続きを読む

No250 | 12:11 | 猫<ロン>    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

2006.06.08 Thu
困ったな(ー公ー) 
ロンが餌を食べなくて困ってる。
なんで食べないんだろう。
・・・

5月30日~6月1日にかけて発作が起きてドキドキしたのもつかの間、
6月1日の夜に餌を食べてる最中に怒った発作を最後に
発作は治まったものの、今度は餌を食べてくれなくて・・・

最初は、餌を食べてる最中の発作だったから、警戒してるのかな?
だったらそのうち忘れて食べるだろうと思ってたんだけど
さすがに3日の夜になると心配になってきた。
いつもならお皿にスプーン3杯のカリカリを入れてあげると一気に食べて
お薬の後に0.5~1杯のカリカリを食べてたのに
今では朝夕それぞれスプーン1杯分も食べてないんじゃないだろうか。
その上、うん●も間隔が空いている。
そりゃ食べないんだから量は減るだろうけど
それまで順調に1日1回だったのが
6月1日はなくて、2日の朝方してて、
ホッとしたもののその後5日の朝までなくて、
5日の朝してなかったら病院に行こうと思っていたのに
してあったものだから様子をみてると6日の朝はなかった(涙)
前科(以前の日記 .)があるから心配になって6月6日に病院に行ってきた。
→続きを読む

No242 | 07:23 | 猫<ロン>    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.05.07 Sun
ロンの発作
バレンタインデーの夜に発作を起こしてから
ずっと発作が起きてなかったのに
さっき発作が起きてしまった。

なぜ  ?

ずっと、ちゃんと薬も飲んでるのに。
この薬が効かなくなったら、どうすりゃいいんだよぉ(泣

・・・前回薬を貰う時に体重を計ったんだけど、4.56kgだった。
3.5kgになった時は薬の量を3→3.5に変更したのに
今回は4のまま。
・・・これのせいだろうか。  まさか?
でも、量が足りてなくて発作を起こしていたこともあったから
ないとは言い切れないし。

今夜から薬の量を4.5にしてみよう。


今回の発作は軽めだった。
ケージにぶつかって行くような大きな運動がなくて
ケージの隅に顔を押し付けてガタガタ震え、
そのままひっくり返って痙攣していた。
てんかんの発作の時には、声をかけたり触らないように と言われるけれど
今回の発作でその方がいいってことがよくわかった。
発作が治まりかけた時、
発作の治まるのにつれて瞳の瞳孔も広がっていたのが
小さく普通の大きさに戻ってきていたのに
久々の発作でびっくりした私が、
「ロン!」「ロン!」と声をかけると、
小さくなりかけていた瞳孔がブァッっと広がる。
落ち着いてきた身体に手を触れると瞳孔がブァッと広がる。
ドキドキしながらじーっと観察していると
だんだん瞳孔が縮んでいって、疲れたようにす~っと眠って
しばらく後に普通に目を覚ました。
何事もなかったみたいに。
・・・やっぱ、触っちゃだめだな。
触らない方が治まりが早いかもね。

ケージにぶつかっていくような発作が起きた時は
どうすればいいだろう。
1回は仕方がないけれど、だからと言って
すぐ袋(暴れる猫ちゃん用の袋)に入れるわけにもいかないよね。
発作が1回だけで済む場合もあるし。
となると2回発作を起こしたら袋に入れる? う~ん、悩ましい

No218 | 16:52 | 猫<ロン>    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.04.18 Tue
・・・イタイ
昨日、ロンが初めてトイレでウン●してくれて
すっごく嬉しくてさ。
ケージにロンを入れようと抱きかかえた時に、まだ遊びたかったみたいで
ジタバタしたのよ、ロンが。
で、その手が私の右手に当たって、結構痛かったんだけど
「いいよ、許す!良い子、良い子~」なんて興奮してたら
許してしまった傷
こんなになってた(泣  でも、今更怒れないし(泣
傷は浅いんだけど、派手。
絆創膏貼るほどの傷じゃないのが、また面倒。
恥ずかしくて(仕事で)客にお茶も出せないよ。
赤い袈裟ステッチ・・・シャレにならん。
→続きを読む

No206 | 07:35 | 猫<ロン>    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.04.17 Mon
めでたい、母さん、赤飯炊いてくれ
目出度い赤飯だ乾杯だ祝砲だ

今夜、ロンが初めてトイレでウン●しました!きゃー
嬉しー


実は先日書いたケージ内のトイレはまだ実現されていない。
ロンはケージの中だけで生活しているので
出来るだけ部屋の中で遊ばせるようにしていたんだけど
ロンは所構わずウン●をしてしまうので目が離せないし、
それほど時間の取れない日もあって、なかなか毎日というわけにはいかなかった。
でも、ここ10日ほどは毎晩のように部屋の中で遊ばせていた。
というのも、ぽこがネズミのおもちゃ(釣り竿タイプで糸の先にネズミがいるやつ)
私に遊んでもらうことに夢中で、私の帰宅を心待ちにしている。
帰ると同時に遊んでくれと矢のような催促をされ、
遊ぶと超激しいので私の方がすぐ疲れてしまうので(情けない話だけどマジ)
途中からロンにバトンタッチしているのだ。

以前はぽこの方が身体も大きく、素早く動けるので
散々掴みかかられたりしても太刀打ちできず、
ロンが癇癪起こしたりしていたので、
あまり長い時間2匹で遊ばせられなかったんだけど
正月からこちら、ロンはお腹の虫退治をしたおかげで
今ではぽこより二回りも身体が大きくなり、体力もついてきた。
依然と同じように掴みかかられたりしても、大きなダメージを受けずに逃げ切れ、
ぽこが飽きるまで相手ができるようになったのだ。

ぽこはロンと追いかけたり追いかけられたりと遊んでいる間でも
行きたいときにトイレに入り込んで用を足す。
ロンはぽこの後をついていっているので、トイレには入らないものの
ぽこがトイレで何をしているかを一番近くで見ることになる。
そんな様子を何度も見て、ロンがトイレを認識してくれたらなぁと
願いつつも、期待はしていなかった。

そんな風に過ごしていたこの10日ほどの後の今夜、
私はぽことロンを遊ばせている間に、
ぽこがこぼしたトイレ周辺のネコ砂を掃除していると
脇をロンが走り抜けた。
その走り抜けた勢いそのまま、トイレに駆け込んだ。
ん?今のはロンじゃなかったのか?トイレに入ったような・・・?
と覗いてみると
そこにはガシガシッと2回ほど砂を掻いてプルプルと身体を緊張させる
ロンがいた。
まさか!と心で叫びつつ凝視
う、ウン●が・・・!
この光景を顔を輝かせて、声を押し殺しながら歓喜の叫びをあげる女は
世界広しといえども、そういないだろう。
ロンがくっさい製造物に砂をかけることなく飛び出してきて、
掃除したばかりの床に砂をまきちらしても
気にならなかった。
(さすがに後でお尻だけは拭かせていただいたが)
もちろん、頭を撫でまくり、褒めちぎった
あぁ、こんなに嬉しいなんて。
なんて幸せなんだ(笑)
→続きを読む

No203 | 22:36 | 猫<ロン>    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。